不動産投資では、現金がないと高速でのセミリタイア・リタイヤは難しい

大家の味方:不動産投資・空室対策・リフォーム・火災保険・法人保険・バイク駐車場・トランクルーム・節税

不動産投資で資金がないと高速リタイアは難しい

不動産投資でリタイアしたいというのは、多くの不動産投資家が考える夢です。しかし、リタイアを実現する、できるのは、ほんの一握りしかしません。それだけ達成することが、難しいものなのです。

 

リタイアの目標としては、きりの良い月100万!というのが、定説になっています。月100万の定義は人それぞれで、家賃収入100万で良い人、税引前キャッシュフロー100万、税引き後キャッシュフロー100万などいろいろです。

 

私自身が目指した際には、税引き後キャッシュフローですが、税率が個人・法人とも人によってそれぞれなので、税引前キャッシュフローをベースに月100万を実現する場合を検討してみましょう。税引前で100万程度あれば、税金が40%かかっても60万程度あるので、家族を養っていくのには、ひとまず十分な水準でしょう。

 

税引前キャッシュフロー100万の世界
税引前キャッシュフローを100万を実現するための構造を把握していきましょう。比較的良い物件を取得できた場合の収支構造です。まずは、税引前キャッシュフロー100万の前に、家賃収入が100万だった場合に、どのくらいの構造になるのか確認しましょう。

 

【@キャッシュフロー収支(良い物件ケース)の収支構造例】

家賃収入/月 100万
経費/月 20万
返済額/月 50万
税引前キャッシュフロー/月 30万

 

管理費や修繕費、広告費等の運営経費は20%で20万、返済額は50万程度とすると、税引前のキャッシュフローとしては、30万程度にしかなりません。つまり、税引前キャッシュフロー100万を達成するためには、上記表の3倍以上の規模にならないと達成できません。

 

 

【Aキャッシュフロー100万】
税引前キャッシュフローが100万になるためには上記収支構造を100万÷30万=3.3倍をすれば算出できます。

 

税引前キャッシュフローの例です

  収支構造例 税引前キャッシュフロー100万
家賃収入/月 100万 333万
経費/月 20万 66万
返済額/月 50万 165万
税引前キャッシュフロー/月 30万 100万

 

税引前キャッシュフロー100万を達成しようとすると、家賃収入/月333万となります。物件価格をどれくらいを購入すると家賃収入/月333万を達成すればよいかは、利回りになります。

 

収益物件の利回りを10%とすると、物件価格=(月333万×12か月)÷10%≒4億となります。

 

つまり4億程度の物件で利回り10%の物件でないと実現できません。数千万の物件でも大きいのに、4億円の物件を買うのは想像がつかないでしょう。4億を1棟だけで達成するのではなく、複数棟で達成しても問題はありませんが。

 

4億の物件を買うのが、どれほど大変でしょうか。最低でも諸費用がないと物件が買えません。諸費用は7%程度かかります。そうすると、現金だけで4億の7%で2800万が必要になります。これだけのお金を瞬時に用意できる方はどれくらいいますでしょうか。

 

したがって、短期間でリタイアすることは、とても難しいことなのです。諸費用に3000万近く払える人は、相当の高年収の方でしょう。年収1000万超ある人は、全世帯の7%しかいません。年収1000万の方でも金融資産3000万ある人は少ないです。そうなると、年収で1500万や2000万超の方くらいでしょう。

 

ただ、年収で1500万や2000万稼いでいた人が、税引前で100万程度では生活が成り立たないでしょう。せめて倍の税引前200万程度にならないと、同じ水準で暮らしていくのは難しいでしょう。そうすると、4億の倍、8億程度の物件を購入することになります。

 

このように考えていくと、税引前キャッシュフローで100万を稼ぐことの難しさがわかって頂けたでしょうか。そして、現在の年収水準や生活水準を維持しないとなかなかリタイアできないため、ある程度のキャッシュフローの水準まで達成しても、リタイアしない人が多いのも理解できるでしょう。

 

 

時間をかければ達成できる
短期間にリタイアすることは、難しくても、時間をかければ、リタイアも可能になってきます。1棟購入し、また2年後に1棟、また2年後に1棟、という方法で10年くらい時間をかければ、もっと低い年収、金融資産でもリタイアは可能になります。

 

例えば、金融資産が700万しかない場合は、諸費用が7%掛かりますので、1億の物件が購入できるマックスです。
価格1億、利回り10%、諸費用700万、税引前キャッシュフロー200万/年の物件を買っていくとなると10年後に達成できることになります。細かいシミュレーションの内容は、今わからなくても問題ありません。時間をかければ、達成できるというイメージがわかればいいのです。

 

【シミュレーションイメージ】
・1年後:1棟目購入    現金700万-諸費用700万+税引前キャッシュフロー200万=200万
・2年後:                    現金200万+税引前キャッシュフロー200万=400万
・3年後:                    現金400万+税引前キャッシュフロー200万=600万
・4年後:                    現金600万+税引前キャッシュフロー200万=800万
・5年後:2棟目購入    現金800万−諸費用700万+税引前キャッシュフロー400万=500万
・6年後:                    現金500万+税引前キャッシュフロー400万=900万
・7年後:3棟目購入    現金900万−諸費用700万+税引前キャッシュフロー600万=800万
・8年後:4棟目購入    現金800万−諸費用700万+税引前キャッシュフロー800万=900万
・9年後:5棟目購入    現金900万−諸費用700万+税引前キャッシュフロー1000万=1200万
・10年後:6棟目購入  現金1200万−諸費用700万+税引前キャッシュフロー1200万(月100万)

 

いわば、金融商品でいう複利の計算のようなイメージです。1棟購入していけば、収入が増え、その収入と金融資産があれば、どんどん後半は加速して物件を増やしていくことができます。

 

まとめ
・不動産投資で高速でリタイアのような幻想を抱かないこと
・月100万の税引きキャッシュフローを達成するには、時間を味方につけること

無料メルマガ登録:大家の味方

メルマガ登録ページへ

不動産投資で資金がないと高速リタイアは難しい 関連ページ

不動産屋・不動産コンサルタントにお願いする前に
物件を紹介するコンサルタントに依存しすぎない
不動産投資とは
不動産投資・賃貸経営のメリット
不動産投資・賃貸経営のデメリット
不動産投資は資本を使って利益を上げるトレーニング
賃貸経営の仕組み
不動産投資・賃貸経営の目的
不動産投資・賃貸経営のリスク
不動産投資のリスクをどのようにコントロールするか
不動産投資のレバレッジとは
購入できる収益不動産の額は金融資産次第
賃貸経営を拡大する時は金融資産を減らさない(CCRが重要)
不動産投資のキャッシュフローとは
投資分析:キャッシュフロー
返済比率で借入の安全度を理解する
不動産投資の種類を理解する
建物の構造を理解する
表面利回り・実質利回りの違いを理解せよ!
物件探しには実質利回りを簡便に使え
減価償却とは
銀行の融資期間は建物の耐用年数次第
用語:不動産投資で良く出てくるROIとは
用語:DSCR(借入償還余裕率)
用語:投資指標のIRRとは
収益物件の探し方:物件情報はどこから収集するか
収益物件の探し方:購入する基準を決める
収益物件の探し方:資金力×購入意思×スピード
収益不動産の探し方:不動産会社は両手取引が大好き
収益不動産の探し方:競売は中〜上級者向き
収益不動産の探し方:任意売却はお宝物件
物件資料の読み方:物件概要について
物件資料の読み方:物件概要を高速で取捨選択する
物件資料の読み方:レントロールを机上で評価する
物件資料の読み方:登記簿謄本の本質を理解する
物件資料の読み方:登記簿謄本を理解する
物件資料の確認:不動産会社へのヒアリング
物件の評価:積算評価・収益評価
現地調査:建物調査・周辺調査
買付申込書
価格交渉
買付から契約・決済までの流れ
契約:売買契約書のポイント
融資が否決されたの際の手続き
資金計画:取得時に必要な資金
資金計画:ランニング費用
資金計画:税前キャッシュフロー
資金計画:利益ベース
資金計画:アパートローンの返済方式について
資金計画:金利・融資期間による返済額
融資:信用情報の確認
融資:銀行にもっていく資料は事前に準備しておく
融資:銀行の担当者から聞かれること
融資:金融機関の種類
融資:日本政策金融公庫の特徴
融資:スルガ銀行の特徴
融資:三井住友銀行の特徴
融資:みずほ銀行の特徴
融資:りそな銀行の特徴
融資:商工中金の特徴
融資:静岡銀行の特徴
信用保証協会とは
不動産投資で信用保証協会をどう使うか
制度融資を使うと効果的
信用保証協会:責任共有制度
信用保証協会:保証料
信用保証協会:審査のポイント