不動産投資では、銀行に行く前に資料を準備する

大家の味方:不動産投資・空室対策・リフォーム・火災保険・法人保険・バイク駐車場・トランクルーム・節税

融資:銀行に持っていく資料は事前に用意する

物件情報を分析し、良い物件が見つかっても銀行への融資依頼が遅いと、ほかの人に物件を取られてしまうことはあります。物件を獲得するためには、スピードが何よりも重要です。いつでも融資依頼ができるように下記資料を準備しておきましょう。

 

逆に言えば、下記資料が準備できていなければ、不動産業者からの優先度は下がってしまいます。買付で仮に1番手を取っても融資にもたつく間に、ほかの人が融資を付けてしまえば、1番手が取られてしまうことがあります。

 

銀行へ持っていく資料の準備

 

【融資を受けたい物件の資料】
・物件概要書:
 不動産会社から受領している物件概要書で問題ありません

 

・レントロール:
 家賃表です。現況の稼働状況もわかること

 

・不動産にかかわる資料(登記簿謄本、地積測量図、平面図、間取り図面、固定資産税評価、建物の確認済証・検査済み証)
 いずれも、 不動産業者に資料を依頼してください。基本は、すべての資料をそろえてから、融資依頼となりますが、売主からの受領する資料もあるので、不足資料は後で提出することでも全く問題ありません。

 

この中でも、よく存在しないのが検査済み証です。建築後の役所からの検査を受けると交付されるものですが、無くしてしまっているケースと検査済みを取っていないことがあります。どちらのケースかは確認しておいた方がいいでしょう。

 

【融資を受ける本人の資料】
・経歴書:
 学歴、社会人の職務経歴、保有資格などを整理しておきます

 

・金融資産一覧
 金融資産は、預金、株式、保険が含まれます。金融機関は、金融資産を多く持っている方に融資するため、金融資産は、もれなく最大限の資産を公開するようにします。各銀行の名前、口座番号、預金金額、全体金融資産の合計金額を整理します。

 

・家系図
 家系図も必要になります。家系図をみて、誰が相続人となるのか、配偶者がいれば、配偶者を連帯保証人にできるか、などをチェックしています。

 

・身分証明:
 運転免許証(写)、健康保険証(写)など身分を証明できるもの

 

・源泉徴収票 3期分(写)
 給与所得者の方は、3期分の源泉徴収票を用意します。

 

・個人の確定申告書 3期分(写)
 確定申告をしていれば、こちらも3期分必要となります。

 

・金融資産のエビデンス
 金融資産の一覧で作成した預金、株式、保険などは、名前と口座番号が入っている通帳・保険証書等のコピーが必要になります。

 

・返済予定表
 自宅の借入額、返済予定がわかるもの

 

・借家、社宅の場合
 借りている家賃がわかるもの

 

【連帯保証人の資料】
連帯保証人が必要な銀行と必要でない銀行がありますが、事前に準備しておきましょう。働いている方は、源泉徴収票や確定申告が必要になります。
・身分証明:運転免許証(写)、健康保険証(写)

 

・源泉徴収票 3期分
 収入がある方は、必要です。

 

・確定申告書 3期分
 確定申告しているのであれば、必要です。

 

【既に持っている物件(自宅・収益物件)の詳細資料】
・物件概要書:
 土地・建物の所在地、土地の面積、建物の面積、建物の構造、建物の間取り、ローン金額、借入額、返済額、収入等、物件の概要がわかる資料を準備します。

 

・最新レントロール
 物件の部屋ごとの家賃・共益費・駐車場代、敷金等の情報が必要になります。

 

・固定資産税額
 物件の固定資産税額です。銀行は、固定資産税を経費として見ているため、銀行の評価計算式に必要だからです。

 

・返済予定表
 銀行から送られてくる返済予定表です

 

【法人をお持ちの場合】
・履歴事項全部証明書(写)
 会社の登記簿謄本のことです。法務局にいけば、簡単に取得できます。

 

・決算書 3期分(写)
 法人の場合は、3期分の確定申告が必要になります。

 

・金融資産一覧表
 本人と同じく、法人で所有している金融資産すべてを記載します。

 

・物件の返済予定表
 銀行から送られてくる最新の返済予定を準備します。

 

 

まとめ
・資料は、融資依頼する前に確実に準備しておくこと

 

無料メルマガ登録:大家の味方

メルマガ登録ページへ

融資:銀行にもっていく資料は事前に準備しておく 関連ページ

不動産屋・不動産コンサルタントにお願いする前に
物件を紹介するコンサルタントに依存しすぎない
不動産投資とは
不動産投資・賃貸経営のメリット
不動産投資・賃貸経営のデメリット
不動産投資は資本を使って利益を上げるトレーニング
賃貸経営の仕組み
不動産投資・賃貸経営の目的
不動産投資・賃貸経営のリスク
不動産投資のリスクをどのようにコントロールするか
不動産投資のレバレッジとは
購入できる収益不動産の額は金融資産次第
賃貸経営を拡大する時は金融資産を減らさない(CCRが重要)
不動産投資のキャッシュフローとは
投資分析:キャッシュフロー
返済比率で借入の安全度を理解する
不動産投資で資金がないと高速リタイアは難しい
不動産投資の種類を理解する
建物の構造を理解する
表面利回り・実質利回りの違いを理解せよ!
物件探しには実質利回りを簡便に使え
減価償却とは
銀行の融資期間は建物の耐用年数次第
用語:不動産投資で良く出てくるROIとは
用語:DSCR(借入償還余裕率)
用語:投資指標のIRRとは
収益物件の探し方:物件情報はどこから収集するか
収益物件の探し方:購入する基準を決める
収益物件の探し方:資金力×購入意思×スピード
収益不動産の探し方:不動産会社は両手取引が大好き
収益不動産の探し方:競売は中〜上級者向き
収益不動産の探し方:任意売却はお宝物件
物件資料の読み方:物件概要について
物件資料の読み方:物件概要を高速で取捨選択する
物件資料の読み方:レントロールを机上で評価する
物件資料の読み方:登記簿謄本の本質を理解する
物件資料の読み方:登記簿謄本を理解する
物件資料の確認:不動産会社へのヒアリング
物件の評価:積算評価・収益評価
現地調査:建物調査・周辺調査
買付申込書
価格交渉
買付から契約・決済までの流れ
契約:売買契約書のポイント
融資が否決されたの際の手続き
資金計画:取得時に必要な資金
資金計画:ランニング費用
資金計画:税前キャッシュフロー
資金計画:利益ベース
資金計画:アパートローンの返済方式について
資金計画:金利・融資期間による返済額
融資:信用情報の確認
融資:銀行の担当者から聞かれること
融資:金融機関の種類
融資:日本政策金融公庫の特徴
融資:スルガ銀行の特徴
融資:三井住友銀行の特徴
融資:みずほ銀行の特徴
融資:りそな銀行の特徴
融資:商工中金の特徴
融資:静岡銀行の特徴
信用保証協会とは
不動産投資で信用保証協会をどう使うか
制度融資を使うと効果的
信用保証協会:責任共有制度
信用保証協会:保証料
信用保証協会:審査のポイント