不動産屋・不動産コンサルタントにお願いする前に不動産投資のノウハウを勉強する

大家の味方:不動産投資・空室対策・リフォーム・火災保険・法人保険・バイク駐車場・トランクルーム・節税

不動産屋・不動産コンサルタントにお願いする前に

私への相談では、不動産屋に騙された、不動産コンサルタントに良いと紹介された物件がダメだった等いろいろな話が舞い込んできます。

 

初めての不動産投資に興味がある人もこのような話や噂があることは知っているかと思います。だから、不動産投資は怖い、止めた方がいいかと思われる方多くいます。そして、良い不動産コンサルタントはいないかと探される方も多くいます。でも一度立ち止まってよく考えて欲しいのです。本当に騙されたのか? もしかしたら何も考えずに購入して失敗した責任を転嫁しているに過ぎないのではないかと。

 

不動産屋や不動産コンサルタントは商売です。不動産屋であれば、物件を紹介して仲介手数料を得ないと商売になりません。不動産コンサルタントもアドバイスフィーが安いのであれば、業者から紹介料を取るのは、ビジネス的に全く問題ありません。

 

不動産屋や不動産コンサルタントは、営利=利益を取るために行っているにすぎず、悪徳でもない限り、その時点では、その不動産屋、不動産コンサルタントにとって良い物件を紹介してるだけなのです。保険でも、本当は自分にあっていない保険かもしれないが、保険のセールス員からすれば”あなたにとってよい商品”と思って紹介しているだけかもしれません。

 

したがって、生命保険であれば、なんとなくあわないけど、この人が言うならいいのかなと買ってしまうこともあるでしょう。しかし、生命保険と不動産の違いは、生命保険は破綻する前に解約してしまえばいいだけですが、不動産は高額のため、後戻りができず、破綻する可能性があります。

 

収益不動産の投資は、1億を超えるような投資になることもあります。安くても数百万から数千万と生命保険などと比べるととても高額です。だから、失敗しても後戻りできるレベルに留めておかないと、大変なことになってしまいます。

 

プロフィールにも書きましたが私も痛い目にあっています。福岡の学生物件については、失敗したら後戻りできない危ない投資でした。S銀行の4.5%の金利かつ購入後2ヶ月で空室が5割近くになるという恐怖を体験しました。

 

管理会社の選定を1年先送りしていれば、空室率がさらに上がり、破綻もしくは不動産投資からの撤退するしかない状況でした。失敗の原因は、自分が調べたことよりも不動産屋の言葉を信じてしまい管理会社選定をミスした事です。

 

この時には、管理会社の選定をきちんとやり直すことで窮地から救われました。それは、管理会社選定プロセスの知識があったからです。たった2カ月で管理会社を変更する決断ができたのは、知識の裏付けと調査結果があったからです。

 

もし不動産コンサルタントが言っていた様子をみてということをあと1年行っていたら、取り返しがつかなかったことでしょう。それでは、不動産投資で失敗しても後戻りレベルできる、不動産投資で失敗しないためには、どうしたらよいでしょうか?

 

それは、「不動産投資・賃貸経営の基本的な知識を身につける」しかありません。なぜなら、高い報酬を不動産コンサルタントに払っても、誰もあなたの家計の事情を詳しく知る人はいないということです。不動産コンサルタントにとっては、良い物件でも、あなたの家計にはリスクが高すぎるということを、100%指摘できる人はいないと考えてください。

 

だからこそ、繰り返しになりますが、不動産投資・賃貸経営は知識で武装するしかないのです。このホームページは、不動産投資について初めての方から、応用までかなり濃いノウハウを提供しています。私が、約8年かけて培ってきた賃貸経営のノウハウをすべてを解説しています。

 

順調に運営できるようになるまでには、200万以上かけてセミナーや不動産コンサルタントのアドバイスを受ました。それらの知識、8年の運営を経て、自分自身としての賃貸経営力が身についたということになります。

 

このホームページは、私が保有している賃貸経営の知識については隠すことなくすべて公開しています。一つ目の願いとしては、不動産投資・賃貸経営の知識を身に着けて、不動産屋・不動産コンサルタントに騙されたといわれないレベルにはなって頂きたいと思います。

 

不動産投資初心者は、応用編はまずは無視して構いませんので、不動産投資・賃貸経営の基本編を読んでから、一歩を踏み出すにしてください。不動産コンサルタントにお願いするにしても、不動産投資・賃貸経営の基本編を読んでからにしてください。

 

そして、本格的にセミリタイヤや脱サラを目指して拡大を目指したい方が、投資戦略と賃貸経営力を身に着けて、目標を達成していく知識もすべて公開しています。賃貸経営は、経営という言葉が入っている通り、他の経営と同じく売上、仕入、管理、会計、税務などの知識が幅広く必要になってきます。

 

応用になってくると、法人化戦略や相続税対策、ポートフォリオの組み替えなど、経営の高度化も必要になってきます。賃貸経営は様々な知識を身に着けておかないと、ビジネスから真の利益・キャッシュフローを得ていくのは難しいと考えてください。

 

つまり、賃貸経営は、総合的な経営力が必要で、あなたが「経営者」であることを自覚することです。

 

繰り返しになりますが、不動産投資・賃貸経営では知識を獲得するための努力を怠っては成功できません。

無料メルマガ登録:大家の味方

メルマガ登録ページへ

不動産屋・不動産コンサルタントにお願いする前に 関連ページ

物件を紹介するコンサルタントに依存しすぎない
不動産投資とは
不動産投資・賃貸経営のメリット
不動産投資・賃貸経営のデメリット
不動産投資は資本を使って利益を上げるトレーニング
賃貸経営の仕組み
不動産投資・賃貸経営の目的
不動産投資・賃貸経営のリスク
不動産投資のリスクをどのようにコントロールするか
不動産投資のレバレッジとは
購入できる収益不動産の額は金融資産次第
賃貸経営を拡大する時は金融資産を減らさない(CCRが重要)
不動産投資のキャッシュフローとは
投資分析:キャッシュフロー
返済比率で借入の安全度を理解する
不動産投資で資金がないと高速リタイアは難しい
不動産投資の種類を理解する
建物の構造を理解する
表面利回り・実質利回りの違いを理解せよ!
物件探しには実質利回りを簡便に使え
減価償却とは
銀行の融資期間は建物の耐用年数次第
用語:不動産投資で良く出てくるROIとは
用語:DSCR(借入償還余裕率)
用語:投資指標のIRRとは
収益物件の探し方:物件情報はどこから収集するか
収益物件の探し方:購入する基準を決める
収益物件の探し方:資金力×購入意思×スピード
収益不動産の探し方:不動産会社は両手取引が大好き
収益不動産の探し方:競売は中〜上級者向き
収益不動産の探し方:任意売却はお宝物件
物件資料の読み方:物件概要について
物件資料の読み方:物件概要を高速で取捨選択する
物件資料の読み方:レントロールを机上で評価する
物件資料の読み方:登記簿謄本の本質を理解する
物件資料の読み方:登記簿謄本を理解する
物件資料の確認:不動産会社へのヒアリング
物件の評価:積算評価・収益評価
現地調査:建物調査・周辺調査
買付申込書
価格交渉
買付から契約・決済までの流れ
契約:売買契約書のポイント
融資が否決されたの際の手続き
資金計画:取得時に必要な資金
資金計画:ランニング費用
資金計画:税前キャッシュフロー
資金計画:利益ベース
資金計画:アパートローンの返済方式について
資金計画:金利・融資期間による返済額
融資:信用情報の確認
融資:銀行にもっていく資料は事前に準備しておく
融資:銀行の担当者から聞かれること
融資:金融機関の種類
融資:日本政策金融公庫の特徴
融資:スルガ銀行の特徴
融資:三井住友銀行の特徴
融資:みずほ銀行の特徴
融資:りそな銀行の特徴
融資:商工中金の特徴
融資:静岡銀行の特徴
信用保証協会とは
不動産投資で信用保証協会をどう使うか
制度融資を使うと効果的
信用保証協会:責任共有制度
信用保証協会:保証料
信用保証協会:審査のポイント