不動産投資の買付から契約までの流れについて

大家の味方:不動産投資・空室対策・リフォーム・火災保険・法人保険・バイク駐車場・トランクルーム・節税

買付から契約・決済までの流れ

不動産投資において、実際に目当ての収益物件に買付けを入れてから決済引き渡しまで、具体的にはどのような流れで進むのかを解説します。

 

ステップ1:買付申込書の提出
購入希望の物件が見つかったら、買付申込書を提出します。買付申込書は自分自身で書式を作っても構いませんが、通常は仲介に入っている不動産会社のものを使用します。

 

なお、買付申込書は早く売主側に見せることが重要ですので、実務上は郵送ではなくファックスでやり取りを行うのが一般的です。

 

ステップ2:価格交渉
募集価格に対して指値を入れている場合は、ここから価格交渉がスタートします。不動産会社が仲介に入っている不動産売買においては、価格交渉についても不動産会社が間に入って行います。

 

希望額については買付申込書に記載しますが、そこからの微調整については電話やメールでのやり取りによって進めます。

 

流れとしては、以下の通りです。

 

1:買付申込書を見た売主が、それに対する回答を売主仲介の不動産会社に伝える。
2:売主仲介の不動産会社から買主仲介の不動産会社にその旨を伝える。
3:買主仲介から買主に対して、売主からの回答が伝わる。

 

もしも指値が通ればこのやり取りは一回で済みますが、指値の間をとったりするような微妙な交渉となるような場合は、このやり取りを数回繰り返すことになります。

 

ステップ3:銀行融資の申込み
売買の価格が決まった段階で、銀行の融資を正式に申し込みします。実務的には買付を入れる前から予定している金融機関に対して融資を打診しておくのが良いでしょう。

 

ステップ4:売渡承諾書をもらう
価格交渉により最終的な売買価格が決まったら、売主から売渡承諾書をもらいます。ただ、実務上は売買価格が整い次第すぐに契約へと移行するため、売渡承諾書を省略する場合もあります。

 

ステップ5:重要事項説明を聞く
不動産売買契約に先立ち、不動産会社の宅地建物取引士より重要事項説明を受けます。重要事項説明とは、その名の通り不動産の売買に関する重要な事項を資格者が時間をかけて説明する手続きで、一棟アパートなど説明項目が多い物件を購入する場合は、半日ほどかけてじっくり説明を聞くこととなります。

 

原則的には重要事項説明を聞いてから熟慮期間を数日おいて契約締結という流れなのですが、実務上は買主も忙しいためあらかじめメールや郵送で重要事項説明書の見本を買主に渡しておき、事前に予習してもらったうえで契約締結の直前に重要事項説明を行うこともよくあります。

 

重要事項説明は、建物が今どのような状態なのかを知るうえで最も重要な情報となるため、いい加減にせずしっかりと集中して聞くようにしましょう。

 

ステップ6:売買契約を締結し手付金を支払う
重要事項説明を聞いたら、その後売買契約を締結します。売買契約書に署名捺印をした際に、契約書に収入印紙を貼って消印を押します。印紙代は通常買主と売主で折半となります。

 

そして、売買契約と同時に売主に対して手付金を支払います。受け渡し方法としては、その場で現金手渡しが多い傾向ですが、最近では振込によって渡す場合もあります。手付金を支払ったら、売主から領収書をもらいましょう。

 

また、「持ち回り契約」といって、売主と買主が対面で契約ができないような場合は、契約書を郵送で送って持ち回りによって署名捺印をして締結する場合もあります。

 

ステップ7:銀行融資の申込み
売買契約を締結したら、その時点から融資の打診から銀行の融資を正式な申し込みに変わります。その後、最終審査となり、融資の可否が判明します。ただし、内諾をとっていても最終審査でNGとなる場合もあるため油断は禁物です。

 

そのため、銀行融資を利用して購入する場合は、必ず契約書に「ローン特約」を盛り込むことを忘れないようにしてください。また、現金購入の場合はこの手続きは省略となりますので決済も早くできます。

ステップ8:決済引き渡し
融資を利用する場合は、金融機関とローン契約を交わしたうえで、売主に対して残代金を支払います。それと同時に司法書士が所有権移転登記の申請を行います。この際、抵当権付きの物件を購入する場合は、残代金をローン残債に充当して抵当権抹消登記をしてもらいます。

 

この際に不動産会社に対して仲介手数料を支払うとともに、固定資産税、都市計画税、管理費、修繕積立金などについても、日割り計算をして精算をします。そして最後に物件のカギと、入居者がいる場合は賃貸借契約書を引き渡して終了となります。

 

以上が買付から決済引き渡しまでの大まかな流れです。

 

不動産売買手続きのポイントとは
これら一連の流れの中で、優良な高利回り物件を手にするためのポイントは、ステップ1からステップ3までの「スピード感」です。優良物件には10件以上の買付けが入ることも決して珍しいことではないため、自分に売ってもらうためには、ステップ5の契約締結までをとにかく素早く動くことが重要です。

 

特に価格交渉で時間がかかっていると、あとから買付を入れてきた買主にもっていかれてしまうこともありますので十分注意しましょう。

無料メルマガ登録:大家の味方

メルマガ登録ページへ

買付から契約・決済までの流れ 関連ページ

不動産屋・不動産コンサルタントにお願いする前に
物件を紹介するコンサルタントに依存しすぎない
不動産投資とは
不動産投資・賃貸経営のメリット
不動産投資・賃貸経営のデメリット
不動産投資は資本を使って利益を上げるトレーニング
賃貸経営の仕組み
不動産投資・賃貸経営の目的
不動産投資・賃貸経営のリスク
不動産投資のリスクをどのようにコントロールするか
不動産投資のレバレッジとは
購入できる収益不動産の額は金融資産次第
賃貸経営を拡大する時は金融資産を減らさない(CCRが重要)
不動産投資のキャッシュフローとは
投資分析:キャッシュフロー
返済比率で借入の安全度を理解する
不動産投資で資金がないと高速リタイアは難しい
不動産投資の種類を理解する
建物の構造を理解する
表面利回り・実質利回りの違いを理解せよ!
物件探しには実質利回りを簡便に使え
減価償却とは
銀行の融資期間は建物の耐用年数次第
用語:不動産投資で良く出てくるROIとは
用語:DSCR(借入償還余裕率)
用語:投資指標のIRRとは
収益物件の探し方:物件情報はどこから収集するか
収益物件の探し方:購入する基準を決める
収益物件の探し方:資金力×購入意思×スピード
収益不動産の探し方:不動産会社は両手取引が大好き
収益不動産の探し方:競売は中〜上級者向き
収益不動産の探し方:任意売却はお宝物件
物件資料の読み方:物件概要について
物件資料の読み方:物件概要を高速で取捨選択する
物件資料の読み方:レントロールを机上で評価する
物件資料の読み方:登記簿謄本の本質を理解する
物件資料の読み方:登記簿謄本を理解する
物件資料の確認:不動産会社へのヒアリング
物件の評価:積算評価・収益評価
現地調査:建物調査・周辺調査
買付申込書
価格交渉
契約:売買契約書のポイント
融資が否決されたの際の手続き
資金計画:取得時に必要な資金
資金計画:ランニング費用
資金計画:税前キャッシュフロー
資金計画:利益ベース
資金計画:アパートローンの返済方式について
資金計画:金利・融資期間による返済額
融資:信用情報の確認
融資:銀行にもっていく資料は事前に準備しておく
融資:銀行の担当者から聞かれること
融資:金融機関の種類
融資:日本政策金融公庫の特徴
融資:スルガ銀行の特徴
融資:三井住友銀行の特徴
融資:みずほ銀行の特徴
融資:りそな銀行の特徴
融資:商工中金の特徴
融資:静岡銀行の特徴
信用保証協会とは
不動産投資で信用保証協会をどう使うか
制度融資を使うと効果的
信用保証協会:責任共有制度
信用保証協会:保証料
信用保証協会:審査のポイント