不動産投資で融資が否決された場合の手続きについて

大家の味方:不動産投資・空室対策・リフォーム・火災保険・法人保険・バイク駐車場・トランクルーム・節税

融資が否決されたの際の手続き

融資を利用する不動産売買契約においては、契約書に「ローン特約」を盛り込むため、万が一予定していた金融機関で融資の審査が通らなかった場合でも、本特約により契約を白紙撤回することができます。

 

つまり、通常の手付解除とは違い、融資が通らなかった場合は手付金も全額返金されることになります。ただし、ローン特約による解除をする際には次の2点に注意が必要です。

 

解除期限内であること
ローン特約による契約解除には、個別の解除期限が定められています。そのため、万が一融資が通らなかった場合に、その旨を売主側に伝えず放置していると、この解除期限を過ぎてしまう可能性があるため注意が必要です。

 

売買契約を結ぶ際には、ローン特約のタイムリミットである解除期限は必ずチェックしておきましょう。

 

通知は売主に伝えること
ローン特約によって契約を解除するためには、上記の解除期限までに契約の相手方である「売主」にその旨を伝えなければなりません。ローン特約が原因でトラブルとなるケースの多くは、融資が通らなかったことを仲介会社にしか伝えておらず、売主までその連絡が行き届かなかったことにより発生しています。

 

万が一売主が知った時点で解除期限を過ぎていればローン特約による解除は認められないため注意が必要です。このようにローン特約による契約解除をするためには、売買契約書記載の解除期限までに「売主」に対してその旨を内容証明郵便によって通知をすることが最も確実な方法となります。

 

くれぐれも仲介会社経由で連絡して安心しないよう注意してください。

 

別の金融機関で再度ローン審査にチャレンジしたい場合
通常、ローン特約には融資を利用する金融機関名や融資金額まで詳細に明記しています。もしもその金融機関の融資が通らなかった場合に、他の金融機関で再チャレンジしたい場合は、売主からローン特約の変更の合意を取り付ける必要があります。

 

つまり、「融資利用の特約の変更に関する覚書」に署名捺印してもらうことで、さらに別の金融機関で融資の審査をすることができます。この覚書において、新たに利用する金融機関名、融資金額、解除期限などを明記し2通作成して売主、買主が署名捺印後、双方が保管します。

 

ローン特約については、個人が売主または買主である場合、その特約の意味や仕組みについてよく理解していなかったがために、さまざまなトラブルが発生する傾向にあります。

 

そのため、融資を利用して不動産を購入する際には、ローン特約の条項について細かく確認して、万が一の時には素早く対処するよう心がけましょう。

 

私も何度か、別の金融機関でチャレンジするために、変更に関する覚書を締結しましたが、なるべくなら、最初の段階で複数行に融資依頼しておく方がベターです。

 

まとめ
・ローンの否決は、ローン解除期限内であること
・ローンの否決内容は、仲介会社ではなく、売主に伝わる必要があること
・融資期間を変える時は、融資利用の特約の変更に関する覚書が必要になる

無料メルマガ登録:大家の味方

メルマガ登録ページへ

融資が否決されたの際の手続き 関連ページ

不動産屋・不動産コンサルタントにお願いする前に
物件を紹介するコンサルタントに依存しすぎない
不動産投資とは
不動産投資・賃貸経営のメリット
不動産投資・賃貸経営のデメリット
不動産投資は資本を使って利益を上げるトレーニング
賃貸経営の仕組み
不動産投資・賃貸経営の目的
不動産投資・賃貸経営のリスク
不動産投資のリスクをどのようにコントロールするか
不動産投資のレバレッジとは
購入できる収益不動産の額は金融資産次第
賃貸経営を拡大する時は金融資産を減らさない(CCRが重要)
不動産投資のキャッシュフローとは
投資分析:キャッシュフロー
返済比率で借入の安全度を理解する
不動産投資で資金がないと高速リタイアは難しい
不動産投資の種類を理解する
建物の構造を理解する
表面利回り・実質利回りの違いを理解せよ!
物件探しには実質利回りを簡便に使え
減価償却とは
銀行の融資期間は建物の耐用年数次第
用語:不動産投資で良く出てくるROIとは
用語:DSCR(借入償還余裕率)
用語:投資指標のIRRとは
収益物件の探し方:物件情報はどこから収集するか
収益物件の探し方:購入する基準を決める
収益物件の探し方:資金力×購入意思×スピード
収益不動産の探し方:不動産会社は両手取引が大好き
収益不動産の探し方:競売は中〜上級者向き
収益不動産の探し方:任意売却はお宝物件
物件資料の読み方:物件概要について
物件資料の読み方:物件概要を高速で取捨選択する
物件資料の読み方:レントロールを机上で評価する
物件資料の読み方:登記簿謄本の本質を理解する
物件資料の読み方:登記簿謄本を理解する
物件資料の確認:不動産会社へのヒアリング
物件の評価:積算評価・収益評価
現地調査:建物調査・周辺調査
買付申込書
価格交渉
買付から契約・決済までの流れ
契約:売買契約書のポイント
資金計画:取得時に必要な資金
資金計画:ランニング費用
資金計画:税前キャッシュフロー
資金計画:利益ベース
資金計画:アパートローンの返済方式について
資金計画:金利・融資期間による返済額
融資:信用情報の確認
融資:銀行にもっていく資料は事前に準備しておく
融資:銀行の担当者から聞かれること
融資:金融機関の種類
融資:日本政策金融公庫の特徴
融資:スルガ銀行の特徴
融資:三井住友銀行の特徴
融資:みずほ銀行の特徴
融資:りそな銀行の特徴
融資:商工中金の特徴
融資:静岡銀行の特徴
信用保証協会とは
不動産投資で信用保証協会をどう使うか
制度融資を使うと効果的
信用保証協会:責任共有制度
信用保証協会:保証料
信用保証協会:審査のポイント