不動産投資で融資を行う静岡銀行の特徴について

大家の味方:不動産投資・空室対策・リフォーム・火災保険・法人保険・バイク駐車場・トランクルーム・節税

静岡銀行の収益不動産へのローンについての情報です。
※各人の属性、支店、時期によって異なりますので、提供している情報を保証していませんので、ご自身で確認してください。

 

初心者が、借りる候補としては、スルガ銀行、日本政策金融公庫、そして静岡銀行のワイドローンと呼ばれるほど、有名になった静岡銀行です。いまでは、静岡銀行は有名になりましたが、その前までは、渋(しぶ)銀と呼ばれるほど、融資に保守的な銀行です。

 

当方も、数年前に持ち込んだ時には、通常のプロパーローンでしたので、かなり良好な物件を持ち込んでも本部で否決されるという苦い記憶があります。

 

しかし、同じ静岡県内のスルガ銀行が、収益不動産への融資でどんどん利益を上げていくものですから、これは負けてはいられないということで、スルガ銀行への対抗として、作られたというのが、このワイドローンと呼ばれています。

 

ワイドローン以外にも通常のプロパーローンもありますが、プロパーローンは引き続き厳しいので、基本的にはこのワイドローンを使うことになります。

 

エリア
エリアはそれほど広くはありません。居住地と融資エリアが合致しないといけません。

 

・居住地(または勤務地):東京・神奈川・静岡・愛知・(大阪)。その他要相談
・融資エリア:東京都、神奈川県、名古屋市内、埼玉県と千葉県は東京に近いエリアのみ

 

静岡銀行が狙っているのは、東京の高額サラリーマンです。

 

属性
スルガ銀行と同じく、信用の高いサラリーマンが基本となります。上場企業などにお勤めの、年収700万以上が最低ラインとなります。自営業者やフリーランスの方には向いていない商品となっています。

 

融資期間・融資額
融資期間は、最大35年、木造原則30年以内となっています。耐用年数を超える物件にも長期の融資期間を取ることができることが画期的な取り組みです。

 

融資額は、年収の10倍程度で1億までというのが、基本となっているようです。1億を超える物件になると、静岡銀行のワイドローンは使えなくなるので、スルガ銀行等を使う必要があります。

 

 

評価方法
静岡銀行の評価方法は、基本的な考え方はオーソドックスで積算評価と収益還元評価の両方を使って評価します。そのため、静岡銀行のワイドローンだから、融資が引きやすいというのは、特にありません。これはみなさん、誤解されているのですが、融資が承認されやすいのと希望額まで融資額が伸びるかは別物です。

 

そのため、1億円の物件で8000万の融資しか、承認されないこともよくあります。そのため、本部審査終了までは、融資額について甘い見込みはしない方がよいでしょう。

 


特徴@:耐用年数オーバー・短い築古木造(軽鉄)にも融資がでる
 耐用年数の過ぎた物件などには、都市銀行はよほど資産家でない限り貸しませんし、  銀行としては、なかなか融資しない物件です。築古木造への融資は、日本政策金融公庫か、三井住友L&F(共同担保要)、信販(セゾンファンデックス等)しかなかったのですが、地銀が参入してくれたのはとても大きな意義があります。

 

そのため、土地値が出る物件であれば、比較的融資が出やすいですが、土地値がないと融資額が大きく削られてしまうという、いわゆる積算評価中心になります。

 

特徴A:融資期間を長く取れる
 築古木造(軽鉄)にも融資するというのに関係するのが、融資期間を長くとれることです。木造でも20年融資が可能なため、築古木造投資で利回りがそこそこ取れていれば、融資期間を長く取り、キャッシュフロー投資ができる環境が整ったのです。

 

この特徴@、Aのおかげで、関東近辺の土地値の高い築古木造(軽鉄)は高値で取引されるようになってきたのが実態です。ただし、気を付けないといけないのは、他の銀行は、築古木造、軽鉄に対しては依然厳しい目で見ているため、売却となる出口では買主の借入が難しい物件であることには変わり有りません。

 

法人融資
静岡銀行のワイドローンは、個人向けのため、法人融資は不可です。法人は、静岡銀行のプロパーローンに申込しないといけません。

 

金利
金利は、原則3〜3.3%です。プロパーローンよりは高めですが、融資スピードや築古木造まで融資しますので、仕方がないレベルです。

 

まとめ
・年収が高いサラリーマン向け(700万以上)
・築古木造(軽鉄)にも長期の融資期間で融資が可能
・上限の目途は1億
・東京近辺で土地値が高く、収益性の高い築古木造(軽鉄)投資が好きな方に向いている

無料メルマガ登録:大家の味方

メルマガ登録ページへ

融資:静岡銀行の特徴 関連ページ

不動産屋・不動産コンサルタントにお願いする前に
物件を紹介するコンサルタントに依存しすぎない
不動産投資とは
不動産投資・賃貸経営のメリット
不動産投資・賃貸経営のデメリット
不動産投資は資本を使って利益を上げるトレーニング
賃貸経営の仕組み
不動産投資・賃貸経営の目的
不動産投資・賃貸経営のリスク
不動産投資のリスクをどのようにコントロールするか
不動産投資のレバレッジとは
購入できる収益不動産の額は金融資産次第
賃貸経営を拡大する時は金融資産を減らさない(CCRが重要)
不動産投資のキャッシュフローとは
投資分析:キャッシュフロー
返済比率で借入の安全度を理解する
不動産投資で資金がないと高速リタイアは難しい
不動産投資の種類を理解する
建物の構造を理解する
表面利回り・実質利回りの違いを理解せよ!
物件探しには実質利回りを簡便に使え
減価償却とは
銀行の融資期間は建物の耐用年数次第
用語:不動産投資で良く出てくるROIとは
用語:DSCR(借入償還余裕率)
用語:投資指標のIRRとは
収益物件の探し方:物件情報はどこから収集するか
収益物件の探し方:購入する基準を決める
収益物件の探し方:資金力×購入意思×スピード
収益不動産の探し方:不動産会社は両手取引が大好き
収益不動産の探し方:競売は中〜上級者向き
収益不動産の探し方:任意売却はお宝物件
物件資料の読み方:物件概要について
物件資料の読み方:物件概要を高速で取捨選択する
物件資料の読み方:レントロールを机上で評価する
物件資料の読み方:登記簿謄本の本質を理解する
物件資料の読み方:登記簿謄本を理解する
物件資料の確認:不動産会社へのヒアリング
物件の評価:積算評価・収益評価
現地調査:建物調査・周辺調査
買付申込書
価格交渉
買付から契約・決済までの流れ
契約:売買契約書のポイント
融資が否決されたの際の手続き
資金計画:取得時に必要な資金
資金計画:ランニング費用
資金計画:税前キャッシュフロー
資金計画:利益ベース
資金計画:アパートローンの返済方式について
資金計画:金利・融資期間による返済額
融資:信用情報の確認
融資:銀行にもっていく資料は事前に準備しておく
融資:銀行の担当者から聞かれること
融資:金融機関の種類
融資:日本政策金融公庫の特徴
融資:スルガ銀行の特徴
融資:三井住友銀行の特徴
融資:みずほ銀行の特徴
融資:りそな銀行の特徴
融資:商工中金の特徴
信用保証協会とは
不動産投資で信用保証協会をどう使うか
制度融資を使うと効果的
信用保証協会:責任共有制度
信用保証協会:保証料
信用保証協会:審査のポイント