特殊清掃・遺品整理(自殺・孤独死)

大家の味方:不動産投資・空室対策・リフォーム・火災保険・法人保険・バイク駐車場・トランクルーム・節税

特殊清掃・遺品整理(自殺・孤独死)

特殊清掃・遺品整理(自殺・孤独死)記事一覧

特殊清掃・遺品整理が必要な事故物件とは

賃貸経営オーナーになると様々な問題が発生しますが、最も嫌な問題が、事故案件です。いわゆる自殺、他殺、病死など部屋の中で亡くなるケースです。賃貸不動産においての事故は、建物内での自殺や他殺、火災による焼死、不審死、事故死など、人の死にかかわる事件があった場合を指します。病死や老衰による死亡でも長期間発...

≫続きを読む

対応の遅れが被害を拡大:専門業者を事前に決めておく

どうして被害が拡大してしまうか?被害の拡大の原因として、管理会社といえ不慣れなケースが多いのに、専門業者を使っていないために引き起こされています。不慣れな管理会社が多い大手の管理会社だといっても、室内での自殺・他殺や孤独死などに慣れているとは限りません。管理会社の担当者も若い社員であれば、初めてのケ...

≫続きを読む

専門業者の選び方:見積りが高額にならない業者

亡くなられた部屋をどのように清掃して貸せる状態に復旧するかですが、見積もりが高額になることが問題となります。重要なのは、リフォームも一緒に行える経験豊富な特殊清掃の専門業者を見つける事になります。特殊清掃業者となかなかつきあうことがないのですが、リフォームも行える経験のある業者を選ばないと料金が膨大...

≫続きを読む

専門業者の選び方:資格を保有しているか

たいていの場合、部屋で亡くなられている方の遺品が膨大にあり、リフォームや特殊清掃の前に、遺品を整理しなければなりません。遺品は勝手には捨てられない!つまり、遺品は、遺族のものとなるため、部屋で亡くなって汚れているからといって、勝手に大家が遺品を捨てることなどできません。勝手に捨てたりしたら、遺族から...

≫続きを読む

特殊清掃・遺品整理作業の流れ

部屋でご遺体が発見された後の流れは、下記のような流れになります遺体の発見:亡くなられた状況や経過日数によって、ご遺体の発見現場は、異臭、汚物、体液等によって部屋の中が汚染されています。 警察による検視と搬出:警察が部屋の中を検死します。事件性の有無を確認します。事件性がある場合は、ご遺体の搬出後、し...

≫続きを読む

大家は遺体のある部屋に入らない:専門の人に任せよう!

慣れていない人がご遺体を見るのは、心理的負担が大きいのと感染予防の観点で入らないことが肝心です。遺体を見るのは、心理的負担が大きい!!遺体を見るケースはごく稀にしかありません。原型をとどめていない場合、苦しんでいる姿で発見される場合も多く、フラッシュバックに悩まされる事が多いようです。専門業者か管理...

≫続きを読む

特殊清掃:匂いとの戦い(オゾン脱臭装置)

匂いが残っていると賃貸付けもままならない・・・ご遺体の腐敗や腐乱が進行してしまった室内からは、日常の生活ではまず嗅ぐことのない、想像を絶する強烈な異臭(ドブくさいにおい)が発生しています。汚染現場の原状復旧・回復で、大家が、最後まで悩まされる問題がこの「腐敗臭、腐乱臭」です。腐敗臭、腐乱臭は複合臭気...

≫続きを読む

特殊清掃:匂いとの戦い(光触媒)

匂いの解決手法のもうひとつの代表といえば、光触媒で匂いを取る方法です。光触媒とは、難しい用語であれば、化学反応を起こすことで、物質を分解し変化させてしまうことで、匂いを取ってしまう方法である。光と化学物質を使うのですが、触媒としては、二酸化チタンで行う方法です。二酸化チタンが分解する有機物とは、カビ...

≫続きを読む

保証人や遺族が損害を払えない:保険対応

入居者の保証人に支払能力がないケースや、そもそも保証人がいないケースには、高額な工事費用をどうしたらいいかの問題が発生します。専用の少額短期保険をかけておくことでリスクは軽減できます。専用の少額短期保険賃貸物件戸室内で、契約者または被保険者の死亡事故、特に最近問題となっている「孤独死」や、「自殺」、...

≫続きを読む

無料メルマガ登録:大家の味方

メルマガ登録ページへ