大家、不動産オーナー、賃貸経営の相続対策、相続、節税、遺産分割、相続評価、納税資金

大家の味方:不動産投資・空室対策・リフォーム・火災保険・法人保険・バイク駐車場・トランクルーム・節税

基礎:不動産を平等に相続するのは難しい

あなたが今後亡くなり、相続がおきた場合、あなたが一生懸命育ててきたマンションやアパートなどの不動産はどのように価値評価がなされるか、考えたことはありますか?

 

相続発生前、つまりあなたは生存中に自分が所有する不動産について、自分なりの判断指針をもって評価していることでしょう。できるだけ均等に、と考えて遺産分けの準備をしても、時がたって相続が発生した時には情勢が変わっていることもあり得ます。

 

今回は現預金と違った難しさがある不動産について、遺産分配の際の価値判断の仕方を見ていきましょう。

 

 

遺産分配では自分で評価して良い
あなたが遺言書を書いて3つの不動産を三人の子に均等に分配したいとしましょう。3つの不動産はそれぞれどれくらいの価値があるか、どうやって評価しますか?

 

固定資産税評価額?それもいいでしょう。近所の不動産屋の査定額? 実はいずれも有効です。

 

収益不動産を多くもっている大家の場合、収益不動産を均等に分けることは大変難しいことです。というより収益不動産が3つあり、三人の子に分け与えるとした場合、3つの不動産の大きさ、賃借人の状況が異なるので、平等に分けるという発想をもつと混乱することになります。

 

したがって、「この物件の賃借人に滞納者がいるから少し価値を下げなきゃ」「市街地の物件は将来ビジネス用に重宝される可能性が高いから少しプラス評価」などの微調整も入るでしょう。

 

そんなことをしていると、分配ができなくなります。均等という発想をひとまず置いておき、あなたが自由に決めて良いのです。3つの不動産をそれぞれ自分の意志で3人の子に分ければいいだけです。

 

ただそうすると、価値の低い物件をもらった子供は不満を持ちます。その時はどうすればいいでしょうか

 

現金でバランスを保つ
価値の低い物件を相続させる子には現預金で調整します。現金で調整することでバランスを保つという発想が重要です。

 

そして、それを受けて、あなたの死後遺言書を開封した相続人である3人の子が納得すればそれでよし。納得しなければ遺産分割協議を行って改めて分割作業に入ります。あなたが遺言書を書いた時とは情勢が変わり、3つの不動産の価値判断が明らかに不合理になっている場合もあるでしょう。

 

例えば3つのうち一つのマンションが地震で被害を受けてしまっているなどです。その物件を割り当てられた相続人は「俺の物件だけ価値が低い」となってしまいます。これでは公平ではありませんから、他の相続人の了承を得て改めて遺産全体の分割協議をします。その時の価値判断も当人たちの自由です。

 

「地震でダメージを受けて下がった価値分、現預金を多く分配してやろう」などと自分たちで納得いく形で決着を図ることができるのです。

 

現金が少ない場合は大変
仮に、不動産が一つしかなく、現預金もほとんどないという場合は少し厄介です。

 

ひとつは、換価分割といって、売ってお金に変えてそれを分配するという方法がありますが、多くの事例で希望よりも安い売却金額になってしいます。

 

2つ目は、代償分割といって、例えば長男が物件を独占して承継し、その代りに二男、三男には長男が自分の現預金などで各人の取り分を支払うという方法があります。

 

3つ目は、不動産の持ち分を共有する形で共同所有する方法となります。

 

目立った資産が不動産しかなく、相続人分均等に用意できないという場合は、被相続人となる者は事前に対策が必要です。代償分割をする者は自分にそのための資金が無ければ他の相続人に分配できませんから、そうなると換価分割か、共有持ち分方式になります。

 

持分を1/3のように分けて相続することはよくあることですが、これは後のトラブルになります。兄弟間で仲が良い場合でも、その兄弟の誰かがなくなるとその持ち分がさらに子供に承継されていくことになります。そうすると、今までは、兄弟だけで話し合えばよかったのが、その子供たちまで登場することになり、話し合いがつかない事態になります。

 

生前に現預金を準備する、事前に相続人の了承を得て、資金に余裕のある者に不動産の引き受け手を決定しておくなどの工夫が確実に必要です。

 

まとめ
・不動産の遺産分割は、本人(被相続人)が決めたあげた方がよい
・価値の低い物件には、現金でバランスを
・共有持ち分は禍根を残す最悪な相続になることが多く気を付けた方がいい

無料メルマガ登録:大家の味方

メルマガ登録ページへ

基礎:不動産を平等に相続するのは難しい 関連ページ

賃貸経営者・地主を悩ませる相続
賃貸経営者にとって納税資金確保が最優先
普通の人でも相続は争いになりやすい
相続対策は認知症になるとできなくなる
安易なタワーマンション節税は厳しくなる
基礎:相続税の税率と大きい配偶者控除
基礎:相続税のその他控除
基礎:法定相続人や法定相続分
基礎:相続人が相続できない場合もある:欠格・廃除
基礎:相続財産の棚卸が重要
基礎:マイナス資産の引き継ぎと相続税の計算例
基礎:包括承継と特定承継について
基礎:遺産分割の手続き
基礎:遺産分割で気になるポイント
不動産評価:土地・貸地の評価
不動産評価:小規模宅地の特例
不動産評価:広大地評価
不動産評価:建物・借家の評価
節税対策(減らして対策):暦年課税贈与
節税対策(減らして対策):教育資金贈与・結婚・子育て資金の一括贈与
節税対策:小規模宅地の特例とアパート建設
節税対策:退職金・弔慰金を活用する
節税対策:賃貸アパートの建築で大きく評価を下げる
節税対策:賃貸アパートの建設で失敗したケース
節税対策:収益物件の建物を贈与する/3年内売却の効果
節税対策:土地値が上昇する場合は、相当の地代方式もあり得る
節税対策:市街化区域になる前の田の贈与
節税対策:役員借入金への対応は必須
節税対策:資産管理法人の評価引き下げ
節税対策:低解約保険を使った評価の引き下げ
節税対策:逓増定期保険を使った対策
相続対策:事業用資産の買い換え特例を使う
納税資金確保:外貨建て終身保険で備える
納税資金確保:連年贈与と生命保険を活用するスキーム