収益物件の探し方:資金力と購入意思とスピードが重要

大家の味方:不動産投資・空室対策・リフォーム・火災保険・法人保険・バイク駐車場・トランクルーム・節税

収益物件の探し方:資金力×購入意思×スピード

不動産投資で物件を情報をいくら入手しても、なかなか買えないことがあります。それは、不動産会社の中で優先順位が明確に決められているからです。ビジネスでは当たり前ですが、「買える人」が優先されます。

 

買える人というのは、どういうことかというと、下記図式の合計値が高い方です。

 

  • 資金がある人×購入意思が固い人×判断スピード

 

まずは、順を追って見ていきます。

 

資金がある人
これは、わかりやすいですね。一番強いのは、現金で不動産を買う人です。1億でも2億でも現金を保有しており、そのお金で物件を買いに来た人です。融資を使う人は、どうしても銀行に融資が否決される可能性があるため、一番強いのは、いつの時代でも現金です。

 

とはいっても、現金で不動産を買える人はとても少ないです。1億を超えてきて現金で購入できる人など、不動産会社でも数は少ないです。それも1度か2度購入すると、さすがに現金不足になるので、購入できる資金があるうちは、優遇されます。

 

そして、収益不動産の場合は、金額が大きいのと融資を受けた方が節税効果もあるので、融資を使うことはまったく問題ありません。ここで重要になるのは、融資を引っ張る力です。これに有効な策はほとんどありません。いろいろな大家が書いているとおり、身近な銀行には片っ端からあたる覚悟が必要となります。

 

都銀、地銀、信販等いろいろありますので、まずは自分がどこまで融資を受けられそうか、事前に確認しておくことです。この方法は銀行にばれると怒られてしまいますが、ダミーな収益不動産情報をもって銀行に審査依頼してみてください。ダミーな収益物件といっても、現在流通している物件にしてください。

 

そうすれば、本当に検討していると先方は思いますので、その情報をもとに自分がどこまで融資が受けられそうかを自分なりに目安をもっていくことです。

 

なぜなら、そのような目安を持っていないで、不動産会社の担当にはったりだけで「私は2億の融資を受けれます」というような話をしても、ほぼ見破られてしまいます。ある程度の融資目算がある中で、はったりを使うことをお勧めします。

 

購入意思が固い人
不動産投資では、購入意思が本当にあるかは、重要です。ひやかしのお客さんに情報を流して、物件への案内までして、成約しなければ、投資対効果ゼロであり、ボランティアになってしまうからです。不動産会社の担当も効率よく仲介したいのは、当たり前のことです。

 

そして、いくら現金があっても、買付を出した後に、やっぱり購入するのを止めたいといわれることがあるからです。買主にも様々な事情があるのですが、契約するまでに、奥様の反対にあって契約まで行けなかったケースは結構あると聞いています。

 

買主側の担当者は、売主側と交渉するにあたり、良い買主がいるので譲ってくれという交渉しているわけで、買主がやっぱり購入を止めるということになると、売主の心証を一気に害してしまいます。そのため、売主側の業者から、買主側の業者自体と取引をしないという出入り禁止のようなことも有り得ます。

 

つまり、高額の収益物件を扱う不動産会社として、買主の購入意思さえ見抜けなかったということで、実力を低くみられることになり、取引をまとめる力がないと判断されるからです。不動産会社の多くは、売主から依頼される物件ばからいではなく、買主側の仲介として手数料を稼がないとなかなか生き残っていけません。業者間の信用・信頼を失うと商売にならないからです。

 

そのため、購入意思がぶれる方、買付を出したけど取り下げる、等を行うと、その会社からは出入り禁止もしくは情報が一切もらえない状況になるでしょう。下記2つのルールは確実に守っておいた方がいいでしょう。

 

  • 買付を出した場合については、本当に買う意思があること

 

  • 買付を出す際に、条件を明確に記載し、その条件の範囲内で買付を取り消すこと

 

 

判断スピード
判断スピードは、良い物件を獲得する上では、かなり重要になります。良い物件は、朝一で出した物件が昼までには、なくなっている位のスピード感です。物件が出てから1日程度で判断して買付を出さないといけません。

 

いくら現金があっても、購入意思があっても、判断に1週間もかけていたら、良い物件は売れてしまっているでしょう。私達が取得しないといけないのは、自分にとって良い物件ですが、他の人にとっても欲しい物件である必要があります。

 

理由は、他の人が欲しい物件であれば、売却時に困らないからです。いくら、ぼろ物件が好きで投資をしていても、売却するときに人気がないのであれば、安く買いたたかれる可能性があります。

 

したがって、他の人が欲しい物件を、他の人より先に買わないといけないということで基本的には競争が激化します。その時に最終的に勝負を決めるのは、判断スピードになります。判断が早い人は、購入の意思も固い人が多く、融資付けも準備万端であることが多いのは、不動産会社もわかっていますので、早く買付が出せるだけでもかなりのアドバンテージとなります。

 

判断スピードを上げるためには、自分の評価軸を持ち、たくさんの物件を見ていくと良いでしょう。

 

まとめ
・良い不動産を購入するには、資金力(融資力)×購入意思×判断スピードの3点をすべて強化すること

無料メルマガ登録:大家の味方

メルマガ登録ページへ

収益物件の探し方:資金力×購入意思×スピード 関連ページ

不動産屋・不動産コンサルタントにお願いする前に
物件を紹介するコンサルタントに依存しすぎない
不動産投資とは
不動産投資・賃貸経営のメリット
不動産投資・賃貸経営のデメリット
不動産投資は資本を使って利益を上げるトレーニング
賃貸経営の仕組み
不動産投資・賃貸経営の目的
不動産投資・賃貸経営のリスク
不動産投資のリスクをどのようにコントロールするか
不動産投資のレバレッジとは
購入できる収益不動産の額は金融資産次第
賃貸経営を拡大する時は金融資産を減らさない(CCRが重要)
不動産投資のキャッシュフローとは
投資分析:キャッシュフロー
返済比率で借入の安全度を理解する
不動産投資で資金がないと高速リタイアは難しい
不動産投資の種類を理解する
建物の構造を理解する
表面利回り・実質利回りの違いを理解せよ!
物件探しには実質利回りを簡便に使え
減価償却とは
銀行の融資期間は建物の耐用年数次第
用語:不動産投資で良く出てくるROIとは
用語:DSCR(借入償還余裕率)
用語:投資指標のIRRとは
収益物件の探し方:物件情報はどこから収集するか
収益物件の探し方:購入する基準を決める
収益不動産の探し方:不動産会社は両手取引が大好き
収益不動産の探し方:競売は中〜上級者向き
収益不動産の探し方:任意売却はお宝物件
物件資料の読み方:物件概要について
物件資料の読み方:物件概要を高速で取捨選択する
物件資料の読み方:レントロールを机上で評価する
物件資料の読み方:登記簿謄本の本質を理解する
物件資料の読み方:登記簿謄本を理解する
物件資料の確認:不動産会社へのヒアリング
物件の評価:積算評価・収益評価
現地調査:建物調査・周辺調査
買付申込書
価格交渉
買付から契約・決済までの流れ
契約:売買契約書のポイント
融資が否決されたの際の手続き
資金計画:取得時に必要な資金
資金計画:ランニング費用
資金計画:税前キャッシュフロー
資金計画:利益ベース
資金計画:アパートローンの返済方式について
資金計画:金利・融資期間による返済額
融資:信用情報の確認
融資:銀行にもっていく資料は事前に準備しておく
融資:銀行の担当者から聞かれること
融資:金融機関の種類
融資:日本政策金融公庫の特徴
融資:スルガ銀行の特徴
融資:三井住友銀行の特徴
融資:みずほ銀行の特徴
融資:りそな銀行の特徴
融資:商工中金の特徴
融資:静岡銀行の特徴
信用保証協会とは
不動産投資で信用保証協会をどう使うか
制度融資を使うと効果的
信用保証協会:責任共有制度
信用保証協会:保証料
信用保証協会:審査のポイント